[ttssh2-dev 112] Re: 4と5の大方針

Back to archive index
NAGATA Shinya maya.****@gmail*****
2021年 11月 29日 (月) 22:42:06 JST


永田です。

> <いまいまの私の認識>
確認ですが、この「認識」というのは、平田さんがプロジェクト
(松尾さんが作業している様子)を観察すると「このように見える」
ということですか?


私はこう理解しています。また、松尾さんもこの理解で動いている
と考えています。(微妙なところは違うかもしれませんが)

> ●5
> リリースに使うコンパイラ: MinGW
最新の Visual Studio (cf. 決定事項, ttssh2-devel 4776)
VS 2022 への移行は TODO

> サポートOS: Win95-11
Vista-10 (cf. 決定事項, ttssh2-devel 4795)
VS 2022 へ移行すると 7 以降になる

> 暗号ライブラリ: ???(Win95対応のライブラリ?)
現時点では OpenSSL 1.1.x系最新(パッチなし)(cf. 決定事項)
いずれ OpenSSL 3 へ移行するが、5.x の最初のリリースでなくてもよい
  1.0.2 から 1.1.1 へも 4 の中で移行したので、途中でもよいのでは
  もちろん 5.x の最初からでもよい

> pagent認証: ???(独自に再実装する?)
PuTTY 最新 (cf. 決定事項)
作業は TODO

Win95 サポートや MinGW はリリースには使わない実験的、あるいは
補助的なものというのが私の理解です。
cf. ttssh2-devel 4776
> 今はコンパイル時の警告をチェックするのが目的…かもしれません。
> 複数の方法でビルドできる&リリースは1つ、というのは、
> Tera Term 4 の VS2005〜2019でビルドできる、リリースはVS2005の1つ、
> と同じで、MinGWというバリエーションが増えたと捉えれば
> (バリエーション違いが激しいですが)似たような状態かなと思います。


-- 
TeraTerm Project https://ttssh2.osdn.jp/
NAGATA Shinya <maya.****@gmail*****>



ttssh2-dev メーリングリストの案内
Back to archive index