• R/O
  • HTTP
  • SSH
  • HTTPS

jm: Commit

翻訳ドキュメント管理用


Commit MetaInfo

Revisionc31e2ae412cd1a146e90bca4cb007f0561f5bac3 (tree)
Time2022-12-05 10:28:20
Authorcyoichi <cyoichi@user...>
Commitercyoichi

Log Message

module-init-tools: add notices telling that this package is obsolete.

new file: manual/module-init-tools/po4a/add_ja/modprobe.conf.add
new file: manual/module-init-tools/po4a/add_ja/modules.dep.add
new file: manual/module-init-tools/po4a/add_ja/section8.add
modified: manual/module-init-tools/po4a/module-init-tools.cfg
modified: manual/module-init-tools/release/man5/modprobe.conf.5
modified: manual/module-init-tools/release/man5/modules.dep.5
modified: manual/module-init-tools/release/man8/depmod.8
modified: manual/module-init-tools/release/man8/insmod.8
modified: manual/module-init-tools/release/man8/lsmod.8
modified: manual/module-init-tools/release/man8/modinfo.8
modified: manual/module-init-tools/release/man8/modprobe.8
modified: manual/module-init-tools/release/man8/rmmod.8

Change Summary

Incremental Difference

--- /dev/null
+++ b/manual/module-init-tools/po4a/add_ja/modprobe.conf.add
@@ -0,0 +1,8 @@
1+PO4A-HEADER: mode=before; position=^\.SH 説明
2+.SH このマニュアルについて
3+.PP
4+これは、module-init-tools パッケージに所属する \fBmodprobe\fP
5+の設定ファイル \fBmodprobe.conf\fP の説明です。module-init-tools
6+は、現在では kmod パッケージに引き継がれており、設定ファイルのマニュアルも
7+\fBmodprobe.d\fP に変わっているので、そちらをご覧になることをお勧めします。
8+(2022/12/02, Linux JM Project)
--- /dev/null
+++ b/manual/module-init-tools/po4a/add_ja/modules.dep.add
@@ -0,0 +1,7 @@
1+PO4A-HEADER: mode=before; position=^\.SH 説明
2+.SH このマニュアルについて
3+.PP
4+これは、\fBmodules.dep\fP ファイルについての module-init-tools
5+パッケージの説明です。module-init-tools は、現在では kmod
6+パッケージに引き継がれているので、そちらの \fBmodules.dep\fP
7+のマニュアルをご覧になることをお勧めします。(2022/12/02, Linux JM Project)
--- /dev/null
+++ b/manual/module-init-tools/po4a/add_ja/section8.add
@@ -0,0 +1,8 @@
1+PO4A-HEADER: mode=before; position=^\.SH 説明
2+.SH このマニュアルについて
3+.PP
4+これは、module-init-tools
5+パッケージに所属するユーティリティのマニュアルです。module-init-tools
6+は、現在では kmod パッケージに引き継がれているので、kmod
7+パッケージの同名のユーティリティのマニュアルをご覧になることをお勧めします。
8+(2022/12/02, Linux JM Project)
--- a/manual/module-init-tools/po4a/module-init-tools.cfg
+++ b/manual/module-init-tools/po4a/module-init-tools.cfg
@@ -2,33 +2,41 @@
22
33 [type: man] original/man5/modprobe.conf.5 $lang:draft/man5/modprobe.conf.5 \
44 opt:"-o generated" \
5- add_$lang:?po4a/add_$lang/copyright/modprobe.conf.5.txt
5+ add_$lang:?po4a/add_$lang/copyright/modprobe.conf.5.txt \
6+ add_$lang:?po4a/add_$lang/modprobe.conf.add
67
78 [type: man] original/man5/modules.dep.5 $lang:draft/man5/modules.dep.5 \
89 opt:"-o groff_code=verbatim" opt:"-o generated" \
910 opt:"-o untranslated=fl,sy,." \
10- add_$lang:?po4a/add_$lang/copyright/modules.dep.5.txt
11+ add_$lang:?po4a/add_$lang/copyright/modules.dep.5.txt \
12+ add_$lang:?po4a/add_$lang/modules.dep.add
1113
1214 [type: man] original/man8/depmod.8 $lang:draft/man8/depmod.8 \
1315 opt:"-o generated" opt:"-o groff_code=verbatim" \
14- add_$lang:?po4a/add_$lang/copyright/depmod.8.txt
16+ add_$lang:?po4a/add_$lang/copyright/depmod.8.txt \
17+ add_$lang:?po4a/add_$lang/section8.add
1518
1619 [type: man] original/man8/insmod.8 $lang:draft/man8/insmod.8 \
1720 opt:"-o generated" opt:"-o groff_code=verbatim" \
18- add_$lang:?po4a/add_$lang/copyright/insmod.8.txt
21+ add_$lang:?po4a/add_$lang/copyright/insmod.8.txt \
22+ add_$lang:?po4a/add_$lang/section8.add
1923
2024 [type: man] original/man8/lsmod.8 $lang:draft/man8/lsmod.8 \
2125 opt:"-o generated" opt:"-o groff_code=verbatim" \
22- add_$lang:?po4a/add_$lang/copyright/lsmod.8.txt
26+ add_$lang:?po4a/add_$lang/copyright/lsmod.8.txt \
27+ add_$lang:?po4a/add_$lang/section8.add
2328
2429 [type: man] original/man8/modinfo.8 $lang:draft/man8/modinfo.8 \
2530 opt:"-o generated" opt:"-o groff_code=verbatim" \
26- add_$lang:?po4a/add_$lang/copyright/modinfo.8.txt
31+ add_$lang:?po4a/add_$lang/copyright/modinfo.8.txt \
32+ add_$lang:?po4a/add_$lang/section8.add
2733
2834 [type: man] original/man8/modprobe.8 $lang:draft/man8/modprobe.8 \
2935 opt:"-o generated" opt:"-o groff_code=verbatim" \
30- add_$lang:?po4a/add_$lang/copyright/modprobe.8.txt
36+ add_$lang:?po4a/add_$lang/copyright/modprobe.8.txt \
37+ add_$lang:?po4a/add_$lang/section8.add
3138
3239 [type: man] original/man8/rmmod.8 $lang:draft/man8/rmmod.8 \
3340 opt:"-o generated" opt:"-o groff_code=verbatim" \
34- add_$lang:?po4a/add_$lang/copyright/rmmod.8.txt
41+ add_$lang:?po4a/add_$lang/copyright/rmmod.8.txt \
42+ add_$lang:?po4a/add_$lang/section8.add
--- a/manual/module-init-tools/release/man5/modprobe.conf.5
+++ b/manual/module-init-tools/release/man5/modprobe.conf.5
@@ -18,6 +18,13 @@
1818
1919 .SH 名前
2020 modprobe.conf \- modprobe の設定ファイル
21+.SH このマニュアルについて
22+.PP
23+これは、module-init-tools パッケージに所属する \fBmodprobe\fP
24+の設定ファイル \fBmodprobe.conf\fP の説明です。module-init-tools
25+は、現在では kmod パッケージに引き継がれており、設定ファイルのマニュアルも
26+\fBmodprobe.d\fP に変わっているので、そちらをご覧になることをお勧めします。
27+(2022/12/02, Linux JM Project)
2128 .SH 説明
2229 .PP
2330 \fBmodprobe\fP コマンドはモジュールの依存関係に応じて 複数のモジュールを追加したり削除したりできるため、
--- a/manual/module-init-tools/release/man5/modules.dep.5
+++ b/manual/module-init-tools/release/man5/modules.dep.5
@@ -55,7 +55,7 @@
5555 .ds f3
5656 .\"
5757 .ds f4
58-.\" t
58+'\" t
5959 .ta 8n 16n 24n 32n 40n 48n 56n 64n 72n
6060 .\"*******************************************************************
6161 .\"
@@ -71,6 +71,12 @@
7171 .TH modules.dep 5
7272 .SH 名前
7373 modules.dep \(em モジュールの依存関係のリスト
74+.SH このマニュアルについて
75+.PP
76+これは、\fBmodules.dep\fP ファイルについての module-init-tools
77+パッケージの説明です。module-init-tools は、現在では kmod
78+パッケージに引き継がれているので、そちらの \fBmodules.dep\fP
79+のマニュアルをご覧になることをお勧めします。(2022/12/02, Linux JM Project)
7480 .SH 説明
7581 .PP
7682 module\-init\-tools の \fBdepmod\fP が生成する \fBmodules.dep\fP には、 \fBmodules.dep\fP
--- a/manual/module-init-tools/release/man8/depmod.8
+++ b/manual/module-init-tools/release/man8/depmod.8
@@ -55,7 +55,7 @@
5555 .ds f3
5656 .\"
5757 .ds f4
58-.\" t
58+'\" t
5959 .ta 8n 16n 24n 32n 40n 48n 56n 64n 72n
6060 .\"*******************************************************************
6161 .\"
@@ -78,6 +78,13 @@ depmod \(em \fBmodules.dep\fP とマップファイルを生成するプログ
7878 .PP
7979 \fBdepmod\fP [\fB\-e\fP] [\fB\-F\fP\fISystem.map\fP\fI] [\fP\fB\-n\fP\fI] [\fP\fB\-v\fP\fI]
8080 [\fP\fIversion\fP\fI] [\fP\fIfilename\fP\fI \&...]\fP
81+.SH このマニュアルについて
82+.PP
83+これは、module-init-tools
84+パッケージに所属するユーティリティのマニュアルです。module-init-tools
85+は、現在では kmod パッケージに引き継がれているので、kmod
86+パッケージの同名のユーティリティのマニュアルをご覧になることをお勧めします。
87+(2022/12/02, Linux JM Project)
8188 .SH 説明
8289 .PP
8390 Linux カーネルモジュールは、 (「シンボル」と呼ばれる) サービスを (コード中で EXPORT_SYMBOL を使って)
--- a/manual/module-init-tools/release/man8/insmod.8
+++ b/manual/module-init-tools/release/man8/insmod.8
@@ -55,7 +55,7 @@
5555 .ds f3
5656 .\"
5757 .ds f4
58-.\" t
58+'\" t
5959 .ta 8n 16n 24n 32n 40n 48n 56n 64n 72n
6060 .\"*******************************************************************
6161 .\"
@@ -74,6 +74,13 @@ insmod \(em Linux カーネルにモジュールを登録する単純なプロ
7474 .SH 書式
7575 .PP
7676 \fBinsmod\fP [\fIfilename\fP] [\fImodule options\fP \&...]
77+.SH このマニュアルについて
78+.PP
79+これは、module-init-tools
80+パッケージに所属するユーティリティのマニュアルです。module-init-tools
81+は、現在では kmod パッケージに引き継がれているので、kmod
82+パッケージの同名のユーティリティのマニュアルをご覧になることをお勧めします。
83+(2022/12/02, Linux JM Project)
7784 .SH 説明
7885 .PP
7986 \fBinsmod\fP はモジュールをカーネルに登録する、 取るに足らないプログラムである。 \fIfilename\fP がハイフン (\-) の場合、
--- a/manual/module-init-tools/release/man8/lsmod.8
+++ b/manual/module-init-tools/release/man8/lsmod.8
@@ -55,7 +55,7 @@
5555 .ds f3
5656 .\"
5757 .ds f4
58-.\" t
58+'\" t
5959 .ta 8n 16n 24n 32n 40n 48n 56n 64n 72n
6060 .\"*******************************************************************
6161 .\"
@@ -74,6 +74,13 @@ lsmod \(em Linux カーネルのモジュールの状態を表示するプログ
7474 .SH 書式
7575 .PP
7676 \fBlsmod\fP
77+.SH このマニュアルについて
78+.PP
79+これは、module-init-tools
80+パッケージに所属するユーティリティのマニュアルです。module-init-tools
81+は、現在では kmod パッケージに引き継がれているので、kmod
82+パッケージの同名のユーティリティのマニュアルをご覧になることをお勧めします。
83+(2022/12/02, Linux JM Project)
7784 .SH 説明
7885 .PP
7986 \fBlsmod\fP は、\fB/proc/modules\fP の内容をきれいに整形する、 取るに足らないプログラムである。
--- a/manual/module-init-tools/release/man8/modinfo.8
+++ b/manual/module-init-tools/release/man8/modinfo.8
@@ -53,7 +53,7 @@
5353 .ds f3
5454 .\"
5555 .ds f4
56-.\" t
56+'\" t
5757 .ta 8n 16n 24n 32n 40n 48n 56n 64n 72n
5858 .\"*******************************************************************
5959 .\"
@@ -76,6 +76,13 @@ modinfo \(em Linux カーネルモジュールに関する情報を表示する
7676 \fBmodinfo \-V\fP
7777 .PP
7878 \fBmodinfo \-h\fP
79+.SH このマニュアルについて
80+.PP
81+これは、module-init-tools
82+パッケージに所属するユーティリティのマニュアルです。module-init-tools
83+は、現在では kmod パッケージに引き継がれているので、kmod
84+パッケージの同名のユーティリティのマニュアルをご覧になることをお勧めします。
85+(2022/12/02, Linux JM Project)
7986 .SH 説明
8087 .PP
8188 \fBmodinfo\fP はコマンドラインで与えられた Linux カーネルモジュールから 情報を引き出す。 モジュール名がファイル名でない場合、
--- a/manual/module-init-tools/release/man8/modprobe.8
+++ b/manual/module-init-tools/release/man8/modprobe.8
@@ -33,6 +33,13 @@ modprobe \- Linux カーネルにモジュールを追加したり削除した
3333
3434 \fBmodprobe\fP [ \fB\-c\fP ]
3535
36+.SH このマニュアルについて
37+.PP
38+これは、module-init-tools
39+パッケージに所属するユーティリティのマニュアルです。module-init-tools
40+は、現在では kmod パッケージに引き継がれているので、kmod
41+パッケージの同名のユーティリティのマニュアルをご覧になることをお勧めします。
42+(2022/12/02, Linux JM Project)
3643 .SH 説明
3744 .PP
3845 \fBmodprobe\fP は Linux カーネルに賢くモジュールを追加したり削除したりする。 利便性のため、モジュール名において _ と \-
--- a/manual/module-init-tools/release/man8/rmmod.8
+++ b/manual/module-init-tools/release/man8/rmmod.8
@@ -53,7 +53,7 @@
5353 .ds f3
5454 .\"
5555 .ds f4
56-.\" t
56+'\" t
5757 .ta 8n 16n 24n 32n 40n 48n 56n 64n 72n
5858 .\"*******************************************************************
5959 .\"
@@ -72,6 +72,13 @@ rmmod \(em Linux カーネルからモジュールを削除する単純なプロ
7272 .SH 書式
7373 .PP
7474 \fBrmmod\fP [\fB\-f\fP] [\fB\-w\fP] [\fB\-s\fP] [\fB\-v\fP] [\fImodulename\fP]
75+.SH このマニュアルについて
76+.PP
77+これは、module-init-tools
78+パッケージに所属するユーティリティのマニュアルです。module-init-tools
79+は、現在では kmod パッケージに引き継がれているので、kmod
80+パッケージの同名のユーティリティのマニュアルをご覧になることをお勧めします。
81+(2022/12/02, Linux JM Project)
7582 .SH 説明
7683 .PP
7784 \fBrmmod\fP はモジュールをカーネルから削除する 取るに足らないプログラムである。 ほとんどのユーザは \fBrmmod\fP よりも、
Show on old repository browser