• R/O
  • HTTP
  • SSH
  • HTTPS

jm: Commit

翻訳ドキュメント管理用


Commit MetaInfo

Revisionbf36e75e6fa9d19d640c0ab57cdd1690527acd30 (tree)
Time2022-10-31 09:50:47
Authorcyoichi <cyoichi@user...>
Commitercyoichi

Log Message

kmod: Modifications for better apearance in html format.

modified: manual/kmod/draft/man8/insmod.8
modified: manual/kmod/draft/man8/lsmod.8
modified: manual/kmod/draft/man8/modinfo.8
modified: manual/kmod/draft/man8/modprobe.8
modified: manual/kmod/draft/man8/rmmod.8
modified: manual/kmod/po4a-each/man8/insmod.8.po
modified: manual/kmod/po4a-each/man8/lsmod.8.po
modified: manual/kmod/po4a-each/man8/modinfo.8.po
modified: manual/kmod/po4a-each/man8/modprobe.8.po
modified: manual/kmod/po4a-each/man8/rmmod.8.po
modified: manual/kmod/po4a/man5/ja.po
modified: manual/kmod/po4a/man8/ja.po
modified: manual/kmod/release/man8/insmod.8
modified: manual/kmod/release/man8/lsmod.8
modified: manual/kmod/release/man8/modinfo.8
modified: manual/kmod/release/man8/modprobe.8
modified: manual/kmod/release/man8/rmmod.8
modified: manual/kmod/translation_list

Change Summary

Incremental Difference

--- a/manual/kmod/draft/man8/insmod.8
+++ b/manual/kmod/draft/man8/insmod.8
@@ -73,8 +73,8 @@ insmod \- Linux カーネルにモジュールを組み込む単純なプログ
7373 エラーについては、通常 \fBdmesg\fP の方が詳しい情報を提供するのです。
7474 .SH 著作権
7575 .PP
76-このマニュアルページの最初の版は、"Copyright 2002, Rusty Russell,
77-IBM Corporation" でした。現在では、Jon Masters ほか数名によって保守されています。
76+このマニュアルページの最初の版は、"Copyright 2002, Rusty Russell, IBM Corporation"
77+でした。現在では、Jon Masters ほか数名によって保守されています。
7878 .SH 関連項目
7979 .PP
8080 \fBmodprobe\fP(8), \fBrmmod\fP(8), \fBlsmod\fP(8), \fBmodinfo\fP(8) \fBdepmod\fP(8)
--- a/manual/kmod/draft/man8/lsmod.8
+++ b/manual/kmod/draft/man8/lsmod.8
@@ -68,8 +68,8 @@ lsmod \- Linux カーネル中のモジュールの状態を表示する
6868 現在どんなカーネルモジュールがロードされているかを表示するささやかなプログラムです。
6969 .SH 著作権
7070 .PP
71-このマニュアルページの最初の版は、"Copyright 2002, Rusty Russell,
72-IBM Corporation" でした。現在では、Jon Masters ほか数名によって保守されています。
71+このマニュアルページの最初の版は、"Copyright 2002, Rusty Russell, IBM Corporation"
72+でした。現在では、Jon Masters ほか数名によって保守されています。
7373 .SH 関連項目
7474 .PP
7575 \fBinsmod\fP(8), \fBmodprobe\fP(8), \fBmodinfo\fP(8) \fBdepmod\fP(8)
--- a/manual/kmod/draft/man8/modinfo.8
+++ b/manual/kmod/draft/man8/modinfo.8
@@ -128,8 +128,8 @@ license, parm, filename を指定する場合の簡易表記です。古い modu
128128 .RE
129129 .SH 著作権
130130 .PP
131-このマニュアルページの最初の版は、"Copyright 2003, Rusty Russell,
132-IBM Corporation" でした。現在では、Jon Masters ほか数名によって保守されています。
131+このマニュアルページの最初の版は、"Copyright 2003, Rusty Russell, IBM Corporation"
132+でした。現在では、Jon Masters ほか数名によって保守されています。
133133 .SH 関連項目
134134 .PP
135135 \fBmodprobe\fP(8)
--- a/manual/kmod/draft/man8/modprobe.8
+++ b/manual/kmod/draft/man8/modprobe.8
@@ -81,8 +81,8 @@ modprobe \- Linux カーネルに対してモジュールの着脱を行う
8181 ディレクトリを調べます (\fBmodprobe.d\fP(5) 参照)。
8282 \fBmodprobe\fP はまた、カーネルコマンドラインで指定された、
8383 モジュールオプションやブラックリストも使用します。前者の書式は
84-<module>\&.<option> であり、後者の書式は
85-modprobe\&.blacklist=<module> です。
84+<module>\&.<option>
85+であり、後者の書式は modprobe\&.blacklist=<module> です。
8686 .PP
8787 なお、2\&.4 系列の Linux カーネル (このツールはサポートしていません)
8888 の場合とは違って、当バージョンの \fBmodprobe\fP
@@ -94,10 +94,11 @@ modprobe\&.blacklist=<module> です。
9494 \fBmodprobe\fP は、modules\&.dep\&.bin
9595 ファイルが最新であることを当てにしています。このファイルは、\fBmodprobe\fP
9696 と一緒に配布され、現在の \fBmodprobe\fP に対応している
97-\fBdepmod\fP(8) ユーティリティによって生成されます (\fBdepmod\fP(8) 参照)。
98-modules\&.dep\&.bin は、各モジュールが、ほかのどんなモジュールを必要としているかを
97+\fBdepmod\fP(8) ユーティリティによって生成されます
98+(\fBdepmod\fP(8) 参照)。modules\&.dep\&.bin
99+は、各モジュールが、ほかのどんなモジュールを必要としているかを
99100 (そういったものがあれば) リストしており、\fBmodprobe\fP は、このファイルを使用して、
100-そうした依存するモジュールを自動的に追加したり、取り外したりします
101+そうした依存するモジュールを自動的に追加したり、取り外したりします。
101102 .PP
102103 \fImodulename\fP の後ろに引数を付けると、そうした引数はカーネルに渡されます
103104 (設定ファイルで指定しているモジュールオプション (モジュールパラメータとも言います)
@@ -306,8 +307,8 @@ modprobe がメッセージを出すのは、何かがうまく行かなかっ
306307 コマンドに引数を渡すためにユーザが使用することもできます。
307308 .SH 著作権
308309 .PP
309-このマニュアルページの最初の版は、"Copyright 2002, Rusty Russell,
310-IBM Corporation" でした。現在では、Jon Masters ほか数名によって保守されています。
310+このマニュアルページの最初の版は、"Copyright 2002, Rusty Russell, IBM Corporation"
311+でした。現在では、Jon Masters ほか数名によって保守されています。
311312 .SH 関連項目
312313 .PP
313314 \fBmodprobe.d\fP(5), \fBinsmod\fP(8), \fBrmmod\fP(8), \fBlsmod\fP(8), \fBmodinfo\fP(8)
--- a/manual/kmod/draft/man8/rmmod.8
+++ b/manual/kmod/draft/man8/rmmod.8
@@ -96,8 +96,8 @@ rmmod \- Linux カーネルからモジュールを取り外す単純なプロ
9696 .RE
9797 .SH 著作権
9898 .PP
99-このマニュアルページの最初の版は、"Copyright 2002, Rusty Russell,
100-IBM Corporation" でした。現在では、Jon Masters ほか数名によって保守されています。
99+このマニュアルページの最初の版は、"Copyright 2002, Rusty Russell, IBM Corporation"
100+でした。現在では、Jon Masters ほか数名によって保守されています。
101101 .SH 関連項目
102102 .PP
103103 \fBmodprobe\fP(8), \fBinsmod\fP(8), \fBlsmod\fP(8), \fBmodinfo\fP(8) \fBdepmod\fP(8)
--- a/manual/kmod/po4a-each/man8/insmod.8.po
+++ b/manual/kmod/po4a-each/man8/insmod.8.po
@@ -7,7 +7,7 @@ msgid ""
77 msgstr ""
88 "Project-Id-Version: PACKAGE VERSION\n"
99 "POT-Creation-Date: 2022-08-04 18:35+0900\n"
10-"PO-Revision-Date: 2022-10-23 11:34+0900\n"
10+"PO-Revision-Date: 2022-10-30 13:30+0900\n"
1111 "Last-Translator: Chonan Yoichi <cyoichi@maple.ocn.ne.jp>\n"
1212 "Language-Team: Linux JM project <linuxjm-discuss@lists.osdn.me>\n"
1313 "Language: \n"
@@ -104,8 +104,8 @@ msgid ""
104104 "This manual page originally Copyright 2002, Rusty Russell, IBM "
105105 "Corporation\\&. Maintained by Jon Masters and others\\&."
106106 msgstr ""
107-"このマニュアルページの最初の版は、\"Copyright 2002, Rusty Russell,\n"
108-"IBM Corporation\" でした。現在では、Jon Masters ほか数名によって保守されています。"
107+"このマニュアルページの最初の版は、\"Copyright 2002, Rusty Russell, IBM Corporation\"\n"
108+"でした。現在では、Jon Masters ほか数名によって保守されています。"
109109
110110 #. type: SH
111111 #: insmod.8:48
--- a/manual/kmod/po4a-each/man8/lsmod.8.po
+++ b/manual/kmod/po4a-each/man8/lsmod.8.po
@@ -7,7 +7,7 @@ msgid ""
77 msgstr ""
88 "Project-Id-Version: PACKAGE VERSION\n"
99 "POT-Creation-Date: 2022-08-04 13:46+0900\n"
10-"PO-Revision-Date: 2022-10-05 11:18+0900\n"
10+"PO-Revision-Date: 2022-10-30 13:33+0900\n"
1111 "Last-Translator: FULL NAME <EMAIL@ADDRESS>\n"
1212 "Language-Team: Linux JM project <linuxjm-discuss@lists.osdn.me>\n"
1313 "Language: \n"
@@ -91,8 +91,8 @@ msgid ""
9191 "This manual page originally Copyright 2002, Rusty Russell, IBM "
9292 "Corporation\\&. Maintained by Jon Masters and others\\&."
9393 msgstr ""
94-"このマニュアルページの最初の版は、\"Copyright 2002, Rusty Russell,\n"
95-"IBM Corporation\" でした。現在では、Jon Masters ほか数名によって保守されています。"
94+"このマニュアルページの最初の版は、\"Copyright 2002, Rusty Russell, IBM Corporation\"\n"
95+"でした。現在では、Jon Masters ほか数名によって保守されています。"
9696
9797 #. type: SH
9898 #: lsmod.8:43
--- a/manual/kmod/po4a-each/man8/modinfo.8.po
+++ b/manual/kmod/po4a-each/man8/modinfo.8.po
@@ -7,7 +7,7 @@ msgid ""
77 msgstr ""
88 "Project-Id-Version: PACKAGE VERSION\n"
99 "POT-Creation-Date: 2022-08-04 10:04+0900\n"
10-"PO-Revision-Date: 2022-10-23 10:24+0900\n"
10+"PO-Revision-Date: 2022-10-30 21:34+0900\n"
1111 "Last-Translator: Chonan Yoichi <cyoichi@maple.ocn.ne.jp>\n"
1212 "Language-Team: Linux JM project <linuxjm-discuss@lists.osdn.me>\n"
1313 "Language: \n"
@@ -231,8 +231,8 @@ msgid ""
231231 "This manual page originally Copyright 2003, Rusty Russell, IBM "
232232 "Corporation\\&. Maintained by Jon Masters and others\\&."
233233 msgstr ""
234-"このマニュアルページの最初の版は、\"Copyright 2003, Rusty Russell,\n"
235-"IBM Corporation\" でした。現在では、Jon Masters ほか数名によって保守されています。"
234+"このマニュアルページの最初の版は、\"Copyright 2003, Rusty Russell, IBM Corporation\"\n"
235+"でした。現在では、Jon Masters ほか数名によって保守されています。"
236236
237237 #. type: SH
238238 #: modinfo.8:116
--- a/manual/kmod/po4a-each/man8/modprobe.8.po
+++ b/manual/kmod/po4a-each/man8/modprobe.8.po
@@ -7,7 +7,7 @@ msgid ""
77 msgstr ""
88 "Project-Id-Version: PACKAGE VERSION\n"
99 "POT-Creation-Date: 2022-08-18 11:20+0900\n"
10-"PO-Revision-Date: 2022-10-23 12:03+0900\n"
10+"PO-Revision-Date: 2022-10-30 20:09+0900\n"
1111 "Last-Translator: Chonan Yoichi <cyoichi@maple.ocn.ne.jp>\n"
1212 "Language-Team: Linux JM project <linuxjm-discuss@lists.osdn.me>\n"
1313 "Language: \n"
@@ -110,8 +110,8 @@ msgstr ""
110110 "ディレクトリを調べます (B<modprobe.d>(5) 参照)。\n"
111111 "B<modprobe> はまた、カーネルコマンドラインで指定された、\n"
112112 "モジュールオプションやブラックリストも使用します。前者の書式は\n"
113-"E<lt>moduleE<gt>\\&.E<lt>optionE<gt> であり、後者の書式は\n"
114-"modprobe\\&.blacklist=E<lt>moduleE<gt> です。"
113+"E<lt>moduleE<gt>\\&.E<lt>optionE<gt>\n"
114+"であり、後者の書式は modprobe\\&.blacklist=E<lt>moduleE<gt> です。"
115115
116116 #. type: Plain text
117117 #: ./modprobe.8:59
@@ -141,10 +141,11 @@ msgstr ""
141141 "B<modprobe> は、modules\\&.dep\\&.bin\n"
142142 "ファイルが最新であることを当てにしています。このファイルは、B<modprobe>\n"
143143 "と一緒に配布され、現在の B<modprobe> に対応している\n"
144-"B<depmod>(8) ユーティリティによって生成されます (B<depmod>(8) 参照)。\n"
145-"modules\\&.dep\\&.bin は、各モジュールが、ほかのどんなモジュールを必要としているかを\n"
144+"B<depmod>(8) ユーティリティによって生成されます\n"
145+"(B<depmod>(8) 参照)。modules\\&.dep\\&.bin\n"
146+"は、各モジュールが、ほかのどんなモジュールを必要としているかを\n"
146147 "(そういったものがあれば) リストしており、B<modprobe> は、このファイルを使用して、\n"
147-"そうした依存するモジュールを自動的に追加したり、取り外したりします"
148+"そうした依存するモジュールを自動的に追加したり、取り外したりします。"
148149
149150 #. type: Plain text
150151 #: ./modprobe.8:74
@@ -597,8 +598,8 @@ msgid ""
597598 "This manual page originally Copyright 2002, Rusty Russell, IBM "
598599 "Corporation\\&. Maintained by Jon Masters and others\\&."
599600 msgstr ""
600-"このマニュアルページの最初の版は、\"Copyright 2002, Rusty Russell,\n"
601-"IBM Corporation\" でした。現在では、Jon Masters ほか数名によって保守されています。"
601+"このマニュアルページの最初の版は、\"Copyright 2002, Rusty Russell, IBM Corporation\"\n"
602+"でした。現在では、Jon Masters ほか数名によって保守されています。"
602603
603604 #. type: SH
604605 #: ./modprobe.8:263
--- a/manual/kmod/po4a-each/man8/rmmod.8.po
+++ b/manual/kmod/po4a-each/man8/rmmod.8.po
@@ -7,7 +7,7 @@ msgid ""
77 msgstr ""
88 "Project-Id-Version: PACKAGE VERSION\n"
99 "POT-Creation-Date: 2022-08-04 21:39+0900\n"
10-"PO-Revision-Date: 2022-10-23 11:52+0900\n"
10+"PO-Revision-Date: 2022-10-30 13:46+0900\n"
1111 "Last-Translator: FULL NAME <EMAIL@ADDRESS>\n"
1212 "Language-Team: Linux JM project <linuxjm-discuss@lists.osdn.me>\n"
1313 "Language: \n"
@@ -153,8 +153,8 @@ msgid ""
153153 "This manual page originally Copyright 2002, Rusty Russell, IBM "
154154 "Corporation\\&. Maintained by Jon Masters and others\\&."
155155 msgstr ""
156-"このマニュアルページの最初の版は、\"Copyright 2002, Rusty Russell,\n"
157-"IBM Corporation\" でした。現在では、Jon Masters ほか数名によって保守されています。"
156+"このマニュアルページの最初の版は、\"Copyright 2002, Rusty Russell, IBM Corporation\"\n"
157+"でした。現在では、Jon Masters ほか数名によって保守されています。"
158158
159159 #. type: SH
160160 #: rmmod.8:70
--- a/manual/kmod/po4a/man5/ja.po
+++ b/manual/kmod/po4a/man5/ja.po
@@ -7,9 +7,9 @@ msgid ""
77 msgstr ""
88 "Project-Id-Version: PACKAGE VERSION\n"
99 "POT-Creation-Date: 2022-10-27 12:45+0900\n"
10-"PO-Revision-Date: YEAR-MO-DA HO:MI+ZONE\n"
10+"PO-Revision-Date: 2022-10-31 09:05+0900\n"
1111 "Last-Translator: FULL NAME <EMAIL@ADDRESS>\n"
12-"Language-Team: LANGUAGE <LL@li.org>\n"
12+"Language-Team: Linux JM project <linuxjm-discuss@lists.osdn.me>\n"
1313 "Language: \n"
1414 "MIME-Version: 1.0\n"
1515 "Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
--- a/manual/kmod/po4a/man8/ja.po
+++ b/manual/kmod/po4a/man8/ja.po
@@ -7,9 +7,9 @@ msgid ""
77 msgstr ""
88 "Project-Id-Version: PACKAGE VERSION\n"
99 "POT-Creation-Date: 2022-10-27 12:45+0900\n"
10-"PO-Revision-Date: YEAR-MO-DA HO:MI+ZONE\n"
10+"PO-Revision-Date: 2022-10-31 09:05+0900\n"
1111 "Last-Translator: FULL NAME <EMAIL@ADDRESS>\n"
12-"Language-Team: LANGUAGE <LL@li.org>\n"
12+"Language-Team: Linux JM project <linuxjm-discuss@lists.osdn.me>\n"
1313 "Language: \n"
1414 "MIME-Version: 1.0\n"
1515 "Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
@@ -905,7 +905,7 @@ msgstr ""
905905 "照)。 modules\\&.dep\\&.bin は、各モジュールが、ほかのどんなモジュールを必要"
906906 "としているかを (そういったものがあれば) リストしており、B<modprobe> は、この"
907907 "ファイルを使用して、 そうした依存するモジュールを自動的に追加したり、取り外し"
908-"たりします"
908+"たりします。"
909909
910910 #. type: Plain text
911911 #: original/man8/modprobe.8:74
--- a/manual/kmod/release/man8/insmod.8
+++ b/manual/kmod/release/man8/insmod.8
@@ -73,8 +73,8 @@ insmod \- Linux カーネルにモジュールを組み込む単純なプログ
7373 エラーについては、通常 \fBdmesg\fP の方が詳しい情報を提供するのです。
7474 .SH 著作権
7575 .PP
76-このマニュアルページの最初の版は、"Copyright 2002, Rusty Russell,
77-IBM Corporation" でした。現在では、Jon Masters ほか数名によって保守されています。
76+このマニュアルページの最初の版は、"Copyright 2002, Rusty Russell, IBM Corporation"
77+でした。現在では、Jon Masters ほか数名によって保守されています。
7878 .SH 関連項目
7979 .PP
8080 \fBmodprobe\fP(8), \fBrmmod\fP(8), \fBlsmod\fP(8), \fBmodinfo\fP(8) \fBdepmod\fP(8)
--- a/manual/kmod/release/man8/lsmod.8
+++ b/manual/kmod/release/man8/lsmod.8
@@ -68,8 +68,8 @@ lsmod \- Linux カーネル中のモジュールの状態を表示する
6868 現在どんなカーネルモジュールがロードされているかを表示するささやかなプログラムです。
6969 .SH 著作権
7070 .PP
71-このマニュアルページの最初の版は、"Copyright 2002, Rusty Russell,
72-IBM Corporation" でした。現在では、Jon Masters ほか数名によって保守されています。
71+このマニュアルページの最初の版は、"Copyright 2002, Rusty Russell, IBM Corporation"
72+でした。現在では、Jon Masters ほか数名によって保守されています。
7373 .SH 関連項目
7474 .PP
7575 \fBinsmod\fP(8), \fBmodprobe\fP(8), \fBmodinfo\fP(8) \fBdepmod\fP(8)
--- a/manual/kmod/release/man8/modinfo.8
+++ b/manual/kmod/release/man8/modinfo.8
@@ -128,8 +128,8 @@ license, parm, filename を指定する場合の簡易表記です。古い modu
128128 .RE
129129 .SH 著作権
130130 .PP
131-このマニュアルページの最初の版は、"Copyright 2003, Rusty Russell,
132-IBM Corporation" でした。現在では、Jon Masters ほか数名によって保守されています。
131+このマニュアルページの最初の版は、"Copyright 2003, Rusty Russell, IBM Corporation"
132+でした。現在では、Jon Masters ほか数名によって保守されています。
133133 .SH 関連項目
134134 .PP
135135 \fBmodprobe\fP(8)
--- a/manual/kmod/release/man8/modprobe.8
+++ b/manual/kmod/release/man8/modprobe.8
@@ -81,8 +81,8 @@ modprobe \- Linux カーネルに対してモジュールの着脱を行う
8181 ディレクトリを調べます (\fBmodprobe.d\fP(5) 参照)。
8282 \fBmodprobe\fP はまた、カーネルコマンドラインで指定された、
8383 モジュールオプションやブラックリストも使用します。前者の書式は
84-<module>\&.<option> であり、後者の書式は
85-modprobe\&.blacklist=<module> です。
84+<module>\&.<option>
85+であり、後者の書式は modprobe\&.blacklist=<module> です。
8686 .PP
8787 なお、2\&.4 系列の Linux カーネル (このツールはサポートしていません)
8888 の場合とは違って、当バージョンの \fBmodprobe\fP
@@ -94,10 +94,11 @@ modprobe\&.blacklist=<module> です。
9494 \fBmodprobe\fP は、modules\&.dep\&.bin
9595 ファイルが最新であることを当てにしています。このファイルは、\fBmodprobe\fP
9696 と一緒に配布され、現在の \fBmodprobe\fP に対応している
97-\fBdepmod\fP(8) ユーティリティによって生成されます (\fBdepmod\fP(8) 参照)。
98-modules\&.dep\&.bin は、各モジュールが、ほかのどんなモジュールを必要としているかを
97+\fBdepmod\fP(8) ユーティリティによって生成されます
98+(\fBdepmod\fP(8) 参照)。modules\&.dep\&.bin
99+は、各モジュールが、ほかのどんなモジュールを必要としているかを
99100 (そういったものがあれば) リストしており、\fBmodprobe\fP は、このファイルを使用して、
100-そうした依存するモジュールを自動的に追加したり、取り外したりします
101+そうした依存するモジュールを自動的に追加したり、取り外したりします。
101102 .PP
102103 \fImodulename\fP の後ろに引数を付けると、そうした引数はカーネルに渡されます
103104 (設定ファイルで指定しているモジュールオプション (モジュールパラメータとも言います)
@@ -306,8 +307,8 @@ modprobe がメッセージを出すのは、何かがうまく行かなかっ
306307 コマンドに引数を渡すためにユーザが使用することもできます。
307308 .SH 著作権
308309 .PP
309-このマニュアルページの最初の版は、"Copyright 2002, Rusty Russell,
310-IBM Corporation" でした。現在では、Jon Masters ほか数名によって保守されています。
310+このマニュアルページの最初の版は、"Copyright 2002, Rusty Russell, IBM Corporation"
311+でした。現在では、Jon Masters ほか数名によって保守されています。
311312 .SH 関連項目
312313 .PP
313314 \fBmodprobe.d\fP(5), \fBinsmod\fP(8), \fBrmmod\fP(8), \fBlsmod\fP(8), \fBmodinfo\fP(8)
--- a/manual/kmod/release/man8/rmmod.8
+++ b/manual/kmod/release/man8/rmmod.8
@@ -96,8 +96,8 @@ rmmod \- Linux カーネルからモジュールを取り外す単純なプロ
9696 .RE
9797 .SH 著作権
9898 .PP
99-このマニュアルページの最初の版は、"Copyright 2002, Rusty Russell,
100-IBM Corporation" でした。現在では、Jon Masters ほか数名によって保守されています。
99+このマニュアルページの最初の版は、"Copyright 2002, Rusty Russell, IBM Corporation"
100+でした。現在では、Jon Masters ほか数名によって保守されています。
101101 .SH 関連項目
102102 .PP
103103 \fBmodprobe\fP(8), \fBinsmod\fP(8), \fBlsmod\fP(8), \fBmodinfo\fP(8) \fBdepmod\fP(8)
--- a/manual/kmod/translation_list
+++ b/manual/kmod/translation_list
@@ -3,9 +3,9 @@
33 ○:kmod:29:2021/01/29:modules.dep:5:2022/10/25::cyoichi@maple.ocn.ne.jp:Chonan Yoichi:
44 @:kmod:29:2021/01/29:modules.dep.bin:5:modules.dep:5:
55 ○:kmod:29:2021/01/29:depmod:8:2022/10/25::cyoichi@maple.ocn.ne.jp:Chonan Yoichi:
6-○:kmod:29:2021/01/29:insmod:8:2022/10/25::cyoichi@maple.ocn.ne.jp:Chonan Yoichi:
6+○:kmod:29:2021/01/29:insmod:8:2022/10/31::cyoichi@maple.ocn.ne.jp:Chonan Yoichi:
77 ○:kmod:29:2021/01/29:kmod:8:2022/10/25::cyoichi@maple.ocn.ne.jp:Chonan Yoichi:
8-○:kmod:29:2021/01/29:lsmod:8:2022/10/25::cyoichi@maple.ocn.ne.jp:Chonan Yoichi:
9-○:kmod:29:2021/01/29:modinfo:8:2022/10/25::cyoichi@maple.ocn.ne.jp:Chonan Yoichi:
10-○:kmod:29:2021/01/29:modprobe:8:2022/10/25::cyoichi@maple.ocn.ne.jp:Chonan Yoichi:
11-○:kmod:29:2021/01/29:rmmod:8:2022/10/25::cyoichi@maple.ocn.ne.jp:Chonan Yoichi:
8+○:kmod:29:2021/01/29:lsmod:8:2022/10/31::cyoichi@maple.ocn.ne.jp:Chonan Yoichi:
9+○:kmod:29:2021/01/29:modinfo:8:2022/10/31::cyoichi@maple.ocn.ne.jp:Chonan Yoichi:
10+○:kmod:29:2021/01/29:modprobe:8:2022/10/31::cyoichi@maple.ocn.ne.jp:Chonan Yoichi:
11+○:kmod:29:2021/01/29:rmmod:8:2022/10/31::cyoichi@maple.ocn.ne.jp:Chonan Yoichi:
Show on old repository browser