• R/O
  • HTTP
  • SSH
  • HTTPS

coreutils: Commit


Commit MetaInfo

Revision337f50703169b3d0987895f17da36d2b0e3e9a9c (tree)
Time2016-02-19 08:07:06
AuthorAkihiro Motoki <amotoki@gmai...>
CommiterAkihiro Motoki

Log Message

Release tee.1

Change Summary

Incremental Difference

--- a/draft/man1/tee.1
+++ b/draft/man1/tee.1
@@ -17,34 +17,35 @@ tee \- 標準入力から読み込んだ内容を標準出力とファイルに
1717 割込みシグナルを無視
1818 .TP
1919 \fB\-p\fR
20-diagnose errors writing to non pipes
20+パイプ以外への出力への書き込みエラーで診断情報を出力する
2121 .TP
2222 \fB\-\-output\-error\fR[=\fIMODE\fR]
23-set behavior on write error. See MODE below
23+書き込みエラー時の動作を指定する。下記の MODE の説明を参照
2424 .TP
2525 \fB\-\-help\fR
2626 この使い方を表示して終了する
2727 .TP
2828 \fB\-\-version\fR
2929 バージョン情報を表示して終了する
30-.SS "MODE determines behavior with write errors on the outputs:"
30+.PP
31+MODE で出力への書き込みエラー時の動作が決定されます。
3132 .TP
3233 \&'warn'
33-diagnose errors writing to any output
34+すべての出力への書き込みエラー時に診断情報を出力する
3435 .TP
3536 \&'warn\-nopipe'
36-diagnose errors writing to any output not a pipe
37+パイプ以外への出力への書き込みエラー時に診断情報を出力する
3738 .TP
3839 \&'exit'
39-exit on error writing to any output
40+すべての出力への書き込みエラー時に終了する
4041 .TP
4142 \&'exit\-nopipe'
42-exit on error writing to any output not a pipe
43+パイプ以外の出力への書き込みエラー時に終了する
4344 .PP
44-The default MODE for the \fB\-p\fR option is 'warn\-nopipe'.
45-The default operation when \fB\-\-output\-error\fR is not specified, is to
46-exit immediately on error writing to a pipe, and diagnose errors
47-writing to non pipe outputs.
45+\fB\-p\fR オプションでのデフォルトの MODE は 'warn\-nopipe' です。
46+\fB\-\-output\-error\fR が指定されなかった場合のデフォルトの動作は、
47+パイプへの書き込み時にエラーが発生すると直ちに終了し、
48+パイプ以外の出力への書き込みでのエラーについては診断情報を表示します。
4849 .PP
4950 GNU coreutils のオンラインヘルプ: <http://www.gnu.org/software/coreutils/>
5051 tee の翻訳に関するバグは <http://translationproject.org/team/ja.html> に連絡してください。
--- a/ja.po/ja.po.8.25
+++ b/ja.po/ja.po.8.25
@@ -13,7 +13,7 @@ msgstr ""
1313 "Project-Id-Version: GNU coreutils 8.25\n"
1414 "Report-Msgid-Bugs-To: bug-coreutils@gnu.org\n"
1515 "POT-Creation-Date: 2016-01-13 12:48+0000\n"
16-"PO-Revision-Date: 2016-02-19 06:56+0900\n"
16+"PO-Revision-Date: 2016-02-19 08:05+0900\n"
1717 "Last-Translator: Akihiro Motoki <amotoki@gmail.com>\n"
1818 "Language-Team: Japanese <translation-team-ja@lists.sourceforge.net>\n"
1919 "Language: ja\n"
@@ -10958,6 +10958,8 @@ msgid ""
1095810958 " -p diagnose errors writing to non pipes\n"
1095910959 " --output-error[=MODE] set behavior on write error. See MODE below\n"
1096010960 msgstr ""
10961+" -p パイプ以外への出力への書き込みエラーで診断情報を出力する\n"
10962+" --output-error[=MODE] 書き込みエラー時の動作を指定する。下記の MODE の説明を参照\n"
1096110963
1096210964 #: src/tee.c:99
1096310965 msgid ""
@@ -10972,6 +10974,16 @@ msgid ""
1097210974 "exit immediately on error writing to a pipe, and diagnose errors\n"
1097310975 "writing to non pipe outputs.\n"
1097410976 msgstr ""
10977+"\n"
10978+"MODE で出力への書き込みエラー時の動作が決定されます。\n"
10979+" 'warn' すべての出力への書き込みエラー時に診断情報を出力する\n"
10980+" 'warn-nopipe' パイプ以外への出力への書き込みエラー時に診断情報を出力する\n"
10981+" 'exit' すべての出力への書き込みエラー時に終了する\n"
10982+" 'exit-nopipe' パイプ以外の出力への書き込みエラー時に終了する\n"
10983+"-p オプションでのデフォルトの MODE は 'warn-nopipe' です。\n"
10984+"--output-error が指定されなかった場合のデフォルトの動作は、\n"
10985+"パイプへの書き込み時にエラーが発生すると直ちに終了し、\n"
10986+"パイプ以外の出力への書き込みでのエラーについては診断情報を表示します。\n"
1097510987
1097610988 #: src/test.c:127
1097710989 #, c-format
--- a/release/man1/tee.1
+++ b/release/man1/tee.1
@@ -17,34 +17,35 @@ tee \- 標準入力から読み込んだ内容を標準出力とファイルに
1717 割込みシグナルを無視
1818 .TP
1919 \fB\-p\fR
20-diagnose errors writing to non pipes
20+パイプ以外への出力への書き込みエラーで診断情報を出力する
2121 .TP
2222 \fB\-\-output\-error\fR[=\fIMODE\fR]
23-set behavior on write error. See MODE below
23+書き込みエラー時の動作を指定する。下記の MODE の説明を参照
2424 .TP
2525 \fB\-\-help\fR
2626 この使い方を表示して終了する
2727 .TP
2828 \fB\-\-version\fR
2929 バージョン情報を表示して終了する
30-.SS "MODE determines behavior with write errors on the outputs:"
30+.PP
31+MODE で出力への書き込みエラー時の動作が決定されます。
3132 .TP
3233 \&'warn'
33-diagnose errors writing to any output
34+すべての出力への書き込みエラー時に診断情報を出力する
3435 .TP
3536 \&'warn\-nopipe'
36-diagnose errors writing to any output not a pipe
37+パイプ以外への出力への書き込みエラー時に診断情報を出力する
3738 .TP
3839 \&'exit'
39-exit on error writing to any output
40+すべての出力への書き込みエラー時に終了する
4041 .TP
4142 \&'exit\-nopipe'
42-exit on error writing to any output not a pipe
43+パイプ以外の出力への書き込みエラー時に終了する
4344 .PP
44-The default MODE for the \fB\-p\fR option is 'warn\-nopipe'.
45-The default operation when \fB\-\-output\-error\fR is not specified, is to
46-exit immediately on error writing to a pipe, and diagnose errors
47-writing to non pipe outputs.
45+\fB\-p\fR オプションでのデフォルトの MODE は 'warn\-nopipe' です。
46+\fB\-\-output\-error\fR が指定されなかった場合のデフォルトの動作は、
47+パイプへの書き込み時にエラーが発生すると直ちに終了し、
48+パイプ以外の出力への書き込みでのエラーについては診断情報を表示します。
4849 .PP
4950 GNU coreutils のオンラインヘルプ: <http://www.gnu.org/software/coreutils/>
5051 tee の翻訳に関するバグは <http://translationproject.org/team/ja.html> に連絡してください。
--- a/translation_list
+++ b/translation_list
@@ -83,7 +83,7 @@
8383 ○:GNU coreutils:8.25:2016/01/20:sync:1:2016/02/19::amotoki@gmail.com:Akihiro Motoki:
8484 ○:GNU coreutils:8.25:2016/01/20:tac:1:2016/02/19::amotoki@gmail.com:Akihiro Motoki:
8585 ○:GNU coreutils:8.25:2016/01/20:tail:1:2016/02/19::amotoki@gmail.com:Akihiro Motoki:
86-☆:GNU coreutils:8.22=>8.25:2016/01/20:tee:1:2014/05/05::amotoki@gmail.com:Akihiro MOTOKI:
86+○:GNU coreutils:8.25:2016/01/20:tee:1:2016/02/19::amotoki@gmail.com:Akihiro Motoki:
8787 ○:GNU coreutils:8.25:2016/01/20:test:1:2016/02/19::amotoki@gmail.com:Akihiro Motoki:
8888 ○:GNU coreutils:8.25:2016/01/20:timeout:1:2016/02/19::amotoki@gmail.com:Akihiro Motoki:
8989 ○:GNU coreutils:8.25:2016/01/20:touch:1:2016/02/19::amotoki@gmail.com:Akihiro Motoki:
Show on old repository browser